人々の心を掴む『ビジュアルデザイン』の制作舞台裏|Tadaima! Design Scramble 2019 Talk Conference #02

Description
** お申込み前にお読みください **
このイベントは「Tadaima! Design scramble 2019」公式プログラムです。このイベントに参加するには、本プログラムへの申込みと合わせて「Tadaima! Design scramble 2019」の全体共通チケット(一般:1000円/学生:500円)を購入する必要があります。
URL:https://tadaimadesignscramble2019.peatix.com/

※申込情報は、以下の条件で株式会社ディー・エヌ・エーで利用いたします。
利用される情報:氏名、所属、職種、年齢、メールアドレス
利用目的:イベント案内の送付、受付時の本人確認及び各種手続
情報管理責任者:株式会社ディー・エヌ・エー 後藤あゆみ

========


人々の心を掴む『ビジュアルデザイン』の制作舞台裏



2020年3月22日(日)渋谷を舞台に開催するデザインフェスティバル「Tadaima! Design Scramble 2019」。
その中で行われるメイントークカンファレンス「Tadaima! Design Scramble 2019 Talk Conference」では、最新のクリエイティブシーンを創るクリエイター・デザイナーの方々にご登壇いただきます。

【登壇者】
#02 のセッションでご登壇いただくのは、
資生堂のクリエイティブ本部にアートディレクターとして所属し、自社ブランドのグラフィックやパッケージデザインを多く手がける、竹田美織さん。
京都を拠点に活動するフリーランスのグラフィックデザイナー。手書きのタイポグラフィが印象的な、三重野龍さん。
アニメのオープニング映像やミュージックビデオ、有名企業のモーションロゴなどを多く手がける、千合洋輔さん。
「JAGDA 新人賞」を最年少で受賞。2019年に独立して、現在グラフィックデザインの仕事を中心にフリーランスで活動する、小林一毅さんの4名です。
 
素晴らしい作品や仕事を見た瞬間に感じる、「かっこいい」「かわいい」「美しい」「面白い」…といった感動。それらの感動は、どのような表現から生まれるのでしょうか。 パッケージデザイン、モーショングラフィック、ポスター、CM、ロゴ、グッズ…など、クリエイターたちが手がける様々な『ビジュアルデザイン』。

今、人々の心を掴んで離さない、同世代にも注目され活躍している登壇者それぞれに、自身の表現のこだわりや現在の作風に辿り着くまでの経緯、クリエイターとしての魅力を伺いたいと思います。
また、技術の発展と時代の変化によって、デザイナーの仕事は多様化しています。重視されるのは機能性や技術面、ビジネス力、管理力など、純粋なビジュアルデザインの領域を超えた仕事が増えました。そういった時代の変化による需要と供給のバランス、自身のキャリア、これから表現していきたいものについてもお話しいただきます。


【開催時間】
2020年3月22日 (日)13:50 - 15:00
(受付開始 13:30 - )
 
【会場】

渋谷スクランブルスクエア 15F「SHIBUYA QWS(スクランブルホール)」
東京都渋谷区渋谷2丁目24−12

Sun Mar 22, 2020
1:50 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷スクランブルスクエア 15F「SHIBUYA QWS(スクランブルホール)」
Tickets
学生 / 一般枠
Venue Address
東京都渋谷区渋谷2丁目24−12 Japan
Organizer
Design Scramble
3,267 Followers